揃って『桜守の衣装』という

いきたかったな 
弘前桜まつりのオープニングセレモニー
伊勢谷友介さんが
下条橋で桜守ユニフォームを披露したとかしないとか…

この写真は去年のものらしいけれど
良いお天気 満開の桜
今日もきっとこんな感じ(∩´∀`)∩だったのでしょうね

b0159995_17164104.jpg
私は午後のヒロロ
『伊勢谷友介・菊池武夫トークショー in 弘前』
に行ってきました

登壇は
リバースプロジェクトの
伊勢谷友介さんと龜石太夏匡さん

    菊池武夫さん(デザイナー:BIGIの設立者)
    森本尚孝さん(株式会社センチュリーテクノコア)
    森田修史さん(デジタルファッション株式会社)

「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」
「座右の銘は挫折禁止=人生をあきらめるな」

衣食住のあり方を提案し
それぞれの『志』を持って下さいという語りは
大河ドラマ花燃ゆの吉田松陰とリンクしていて…

結果アパレルも美容師もどんな仕事も!
考え方の根っこは一緒なんだと改めて確信

登壇なさったみなさんは
揃って『桜守の衣装』という

機能だけが備わったユニフォームというよりは
丁寧な縫製が施された
作り手の心が込められたおしゃれなデザイン
着る人のモチベーションを上げる『衣装』なのだと

タケオキクチ先生いわく
若いころから一貫して頭にある思いは
『着る人にとって』
良い服であるのかということ

服に限らず『自分にとっての良いもの』を選び見極め
大切にしてカタチを変えながらでも代々受け継いでいってほしいとも

最新のデジタル技術を開発しながらも
デジタル化できないアナログの手作業は
プロフェッショナルとしての『技』を究め続けること

久しぶりのこういう機会だったのだけれど
やっぱりすごく大事
いろんなことの答えが見えたような
そんな時間をありがとうございました(∩´∀`)∩




写真は河北新報さん
2014年09月11日木曜日の記事より

【弘前の桜守、制服でPR 市が制作へ】

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/


[PR]
by ashair | 2015-04-23 18:00 | 観光とイベントとショップ
<< 三回目のウォーキング@1 22日の桜まつりで >>