弘前公園 散策術

b0159995_16191452.jpg

大中実さん記事をシェア★
弘前公園を効率よく回る散策コースを語紹介します。
(効率よく回ることがいいのかは別として・・・)

1)中央高校口から入ります。

2)緑の相談所にある日本最大幹周のソメイヨシノを観ます。

3)三の丸のピクニック広場のいろいろな桜たちを観ます。
公園内には49種類の桜があり、中でも「弘前雪明り」は弘前固有種ですので、是非ご覧頂きたいです。

4)時間があれば植物公園を散策します。津軽の植物や庭園を観ることができます。

5)東内門をくぐり、日本最古のソメイヨシノ(130歳)を観ます。

6)二の丸の定番スポットである下乗橋と天守と桜を観ます。

7)入場料(大人200円)を払い、本丸に入ります。天守内を観覧します。

8)本丸から岩木山を眺めます。太宰も絶賛した風景をご覧ください!

9)鷹丘橋を渡り、北の郭(くるわ)に降ります。武徳殿で一休みした後は、右手の館神跡からお堀と天守と桜のコラボを堪能してください。

10)右に沿って歩くと丑寅の櫓が見えますので左折し、200軒の屋台が立ち並ぶ四の丸へと下っていきます。

11)屋台の中で食べるもよし、食べながら散策するもよし、集合場所はお化け屋敷前がわかりやすいですね。

12)護国神社でおまいりした後、右沿いに屋台街を歩いていくと春陽橋に当ります。ここからお堀ギリギリに生い茂った桜を背景に写真を撮るといいでしょう。

13)春陽橋を渡らずに、桜のトンネルをくぐりましょう。思わず手をつなぎたくなるスポットですね。

14)トンネルを過ぎたら左折し、西の郭(くるわ)に入ります。大イチョウの奇怪な根元をご覧ください。秋には落葉で一面が黄色くなります。

15)坂道を登り、二の丸に戻ります。大枝垂れ桜は今年の豪雪で倒れてしまいましたが、今年は無事花をつけるのでしょうか?

16)南内門をくぐり、杉の大橋をわたり、前川國男氏が設計した博物館、市民会館とその展示物を堪能しましょう。

17)追手門から出ると弘前公園の6時の方向ですので、外堀を反時計回りに3時の方向まであるけば東門、そして中央高校口へともどります。

ここまでで、特に立ち寄らないと60分。
写真を撮りながらだと90分、立ち寄ったり飲食したりすれば120分以上かかります。
レッツ散策!
[PR]
by ashair | 2012-04-22 16:19 | 観光とイベントとショップ | Comments(0)
<< さくら×さくら×さくら 頬はぽわんとサクラ色 >>